おまとめのメリット・デメリット

おまとめのメリット・デメリットについて

「おまとめ」を考えている方は、すでに多重債務に陥っている方がほとんどだと思います。「おまとめ」には多くのメリットがありますが、反対にデメリットもあります。

 

「おまとめ」をする時は、メリット・デメリットをよく理解しておく必要があります。

 

おまとめのメリット

おまとめで借入先を1社にまとめられれば、

  • 複数ある返済日を1日にまとめられるので、お金の管理が楽になる。
  • 高い金利から低い金利へ借り換えられる。
  • 返済計画の見直しが出来るので、毎月の返済額を減らす事が出来る。
  • 金利が低くなれば、総返済額も少なくできる。
  • 消費者金融の「おまとめローン」は返済専用

 

「おまとめ」の一番のメリットは、複数ある借入先を一社にまとめる事で金利が下がり、返済額が少なくなるという事です。借入先が1つになれば、毎月の返済日も1つになるので、お金の管理もしやすくなります。返済日が1つになると精神面でのストレスも軽減され、毎日の生活も楽になります。

 

おまとめ出来た人の声を聞くと、やはり精神的な負担が小さくなるのが思った以上に大きいようです。

 

ただし、「おまとめ」すれば借金が減る事はありませんが、任意整理や特定調停のような債務整理ではありませんので、個人信用情報に傷が付くという事はありません。むしろ、現在の借入を一括返済し、解約して1社だけにまとめれば、信用度は上がります。

 

「おまとめローン」のように、利用者に一方的に有利になる借り換えは総量規制の例外になるので、消費者金融の「おまとめローン」も年収の3分の1を超えての借入が可能です。

 

通常のカードローンやキャッシングは、利用限度額の範囲内であれば何度でも返済や追加借入れを繰り返すことができますが、消費者金融系のおまとめローンは「返済専用」の商品となっているものがほとんどです。

 

「返済専用」のため追加融資が出来ないので、確実に借金を減らす事が出来ます。この事はメリットでもあり、デメリットでもありますが、借金を減らしたいと思っている人にとってはメリットと言えます。

 

おまとめは銀行カードローンがおすすめ

では、どこでまとめるのが最も良いかと言えば、金利を安く借りなおす事を考えると、出来る事なら銀行カードローンへ借り換えるのが一番です。

 

消費者金融の「おまとめローン」を利用しても、それほど金利が低くなりません。

 

消費者金融の金利は「利息制限法」で決められており、10万円以下は20%以下、10万円超~100万円以下は18,0%以下、100万円超の場合は15.0%以下と決められています。「おまとめローン」がどれくらいの金利になるのかは問い合わせをしなければ具体的な事はわかりませんが、100万円以上借りると最大で15.0%になると考えられます。

 

銀行カードローンに「おまとめローン」と言う商品は東京スター銀行以外で取り扱いしていません。というのも、銀行カードローンの場合は「おまとめローン」と言うような商品でなくても金利が低いので、一般ローンを利用してまとめる事が可能です。

 

銀行カードローンの中にはオリックス銀行カードローンやイオン銀行カードローン、楽天銀行カードローンと言うように、特に「おまとめ」に力を入れているカードローンがあるので、それらで「おまとめ」が出来ればかなり低い金利に借り換える事が出来ます。

 

おまとめローンのデメリット

「おまとめ」はメリットだけでなく、「デメリットになることも有る」という事を知っておく必要が有ります。

 

  • おまとめは借入希望額が大きくなるので審査が厳しい。
  • おまとめすれば借金がなくなったと勘違いする人がいる。
  • 借り換え方を間違えると、総返済額が増える場合もある。
  • 消費者金融の「おまとめローン」は新たな借入が出来なくなる。

 

「おまとめ」はすでに複数の借金を抱えている人に高額のお金を貸す事になるのですから、貸す側としてはリスクも大きくなるので、おまとめの審査は通常のカードローンよりも厳しくなります。おまとめローンの商品によっては、利用できるのは正社員だけで、アルバイトやパート、自営業者は申込できないというように条件自体が厳しくなっているものもあります。

 

また、審査内容によっては希望金額に関わらず、収入証明書の提出を求められたり、本来不要である保証人を要求されたりする事もあります。延滞や債務整理といった事故記録はもちろんですが、借入れ件数や借入額、申込み記録などもしっかりとチェックされるので、金融事故があれば融資が受けられません

 

消費者金融のおまとめ商品は、返済専用になるので、追加借入れはまず出来ません。もしおまとめローン返済中に急な出費があり、新たな借入れが必要になり、他社へ借入を申込むと、信用情報機関に新たな借入をした事が記載されます。新たな借入がばれると、契約違反になり一括返済を求められる事もあります。

 

おまとめローンを利用するのであれば「借金は完済する!」という強い意志が必要です。