いますぐまとめたい時は「バンクイック」がおすすめ

いますぐまとめたい時は「バンクイック」!

「おまとめ」はご存知の方も多いと思いますが、多重債務になっている人の救済処置として生まれた商品です。複数社の借入で、多重債務になっている人は、「出来る事なら今すぐにでもひとつにまとめたい」と思っている方も少なくありません。

 

「すぐにでもまとめたい」と思っても、借入金額が多くなるため、審査時時間が長くなるのが一般的ですが、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」なら、今日明日中にもまとめる事が可能です。

 

バンクイックのスペック

三菱東京UFJ銀行にはおまとめローンという商品はありませんが、フリーローンを「おまとめ」として利用する事が出来ます

 

申込条件は、満年齢20歳以上65歳未満の安定した収入が有る方で、保証会社「アコム」の保証が受けられる方なら、正社員に限らず、パートやアルバイトでも申込が可能です。

 

「バンクイック」の基本スペックは、

  • 年利4.6%~14.6%
  • 融資限度額は最大で500万円まで可能

なので「おまとめ」にも十分利用できます。

 

「バンクイック」の金利は4.6%~14.6%となっていますが、この金利は借入限度額で変わってきます

 

利用限度額 借入利率
400万円超~500万円以下 1.8%~6.1%
300万円超~400万円以下 6.1%~7.1%
200万円超~300万円以下 7.1%~9.6%
100万円超~200万円以下 9.6%~12.6%
10万円超~100万円以下 12.6%~14.6%

 

「おまとめ」に利用したい限度額は100万円~200万円の範囲内であれば、余裕をもって返済に充てられる利用限度額で、金利は9.6%~最大でも12.6%に借り換えられます。

 

大手消費者金融の「おまとめローン」は利息制限法で、「100万円以上の場合は年15.0%以内」と定められているので、おまとめをしても最大15.0%の金利になり、「バンクイック」は2.4%金利を安くまとめられるので「おまとめ」に適したカードローンと言えます。

 

即日融資でおまとめ

「おまとめ」目的でお金を借りる時は、借入希望額が高額になるので一般的には審査に時間がかかります。しかし、「バンクイック」は即日融資に対応しているので、インターネットから申込をすれば最短30分で審査が終わります。

 

また、テレビ窓口からの申込なら、最短40分でカードを受け取ることが出来ます。おまとめだからと言って、審査に時間がかかる訳でもありませんので、最短申込をしたその日に、お金が借りられます。

 

毎月返済が楽になる

たとえば、50万円ずつ「プロミス」「アイフル」「アコム」から借りているとすると、毎月返済額は13,000円、13,000円、15,000円で、合計41,000円になります。「バンクイック」の毎月返済額は最低でも30,000万円なので、毎月返済額を11,000円少なくする事が出来ます。

 

毎月返済額が少なくなれば、確かに返済は楽になりますが、少しでも早く完済するためにも、この金額に上乗せして返済する事を心がけましょう。

 

バンクイックでまとめるのは難しい?

バンクイックでおまとめする事は、場合によっては難しくなる事があります。

 

バンクイックに「おまとめローン」という商品が無いという事は、バンクイックとしては、「おまとめ」を特に進めていないので、バンクイックで借金の一本化する事は難しいのではないかと考える方も多いようですが、そんなことはありません

 

申込をすれば、誰であっても借金の一本化が出来るという訳ではありませんが、過去に遅延や延滞、債務整理などの金融事故を起こしていなければ、比較的スムーズに借り換える事が出来ます。

 

審査を通すための条件は3つ

キャッシングの申込をすれば審査を受ける事になります。

 

一部の口コミでは、「三菱東京UFJ銀行カードローンの審査は通りにくい」というような書き込みもあるのですが、要点さえ抑えておけば心配する必要はありません。

 

「安定した収入があれば審査はラクラク通過できる」という事

「バンクイック」の審査で重要になるのが年収で、見ず知らずの人にお金を貸すわけですから、条件として申込者に返済能力がなければ融資は出来ません。

 

「お金を貸しても返してもらえるかどうか」を見極めるために、年収で評価されますが、いくら年収が良くても、継続的な収入でなければ、審査に通過するのは難しくなります。
ですから、同じ勤務先で長く勤めている事が重要になります。

 

「他社借入は何社でいくら借りているか」も重要

安定して継続した収入があれば、審査に通過しやすくなるのですが、審査で重要視するのはそれだけではありません。実は、今現在のローン残高も大きく影響してきます。

 

ですから、まとめる場合、他社の借入が大きい人は、借入残高を減ら事で、出来れば1社でも完済し、借入件数を減らす事が重要になります。借入件数が多い人は、せめて3社以内に収める事がまとめる為のポイントになります。

 

「過去の返済利用状況」も審査で見られる

他社で借入をしている、または借りていた時、遅延や延滞がなかったかという事です。1度くらいなら問題ありませんが、信用情報機関の個人情報に遅延や延滞が記載されていると、審査に通るのは難しくなります。

 

過去に遅延や延滞をしたことが有る方は、一定期間間を開けて申込む必要があります。

 

まとめた後に注意する事

消費者金融の「おまとめローン」を利用した時は、申込をした消費者金融から、本人に代わって個人名で現在借りているところへ、お金を振込んでもらえます。しかし、バンクイックでまとめる時は、借入先へ返済してくれる事はありません

 

ですから、「バンクイック」で借入れができる状態になったら、バンクイックから一度お金を自分の口座へ振り込んでもらい、そこから自分で既存の借入先へ振込みをしなければならないので、「他へ使わず必ず返済する」という強い意志が必要です。